ECって何ができるの?
利用料金
サービス紹介
規約
各種設定
お客様管理画面設定
PDFマニュアル
   
 
SERVER@VISION > サービス内容と利用料金 > 規約
 ご利用規約
第1条(利用規約の適用)
1項 
本規約は、利用者が日本ネットワークヴィジョン(以下、甲という)の「@visionサービス」(以下、「本サービス」という)を利用する際の一切に適用されるものとします。
2項 
甲は、甲の裁量的判断に基づき、利用者の承諾を得ることなく本規約を変更できるものとし、業務上の手続、あるいは本サービス料金の一切を修正あるいは改訂することができるものとします。また、本サービスその他一切の要素の全部または一部につき中止、改訂することができるものとし、利用者は料金その他の条件について変更後の利用規約に従うものとします。
3項 
本規約改訂後も、本規約は甲と利用者との間に一切の関係に適用されるものとします。変更について、HTMLホームページ等で利用者に告知するものとし、利用者は定期的に本規約の確認を行う責を持つものとします。
第2条(基本サービス)
1項 
甲はサービスプランごとに甲が別に定めるところに従い、次の各号に掲げるサービスを基本サービスとして提供します。
 (1)WWW(WorldWideWeb)のサービス
 (2)電子メールサービス
 (3)オンラインショピングサービス
2項 
前項 第1号のサービスの内容は、主としてホームページを公開するためにご利用いただく目的で、WWW(WorldWideWeb)サーバの機能を利用者に提供するものです
3項 
本条第1項 第2号のサービスの内容は、主として電子メールを受け取るためにご利用いただく目的で、電子メールサーバの機能を利用者に提供するものです。
4項 
本条第1項 第3号のサービスの内容は、主としてオンラインショッピングサイトを公開するためにご利用いただく目的で、WWW(WorldWideWeb)サーバの機能とオンラインショッピングサイト構築のためのASP(ApplicationServiceProvider)の機能を利用者に提供するものです。
5項 
甲は、本条に掲げる基本サービスの内容を予告なく変更する場合があります。甲はこのことにより利用者に生じた損害について、一切の責任を負いません。
第3条(オプションサービス)
1項 
甲は利用者から特に申し出があったときは、甲が別に定めるオプションサービスを前条の基本サービスに付加して提供します。
2項 
甲は前項 にもとづいて甲が定めるオプションサービスの内容を予告なく変更する場合があります。甲はこのことにより利用者に生じた損害について、一切の責任を負いません。
第4条(利用契約の成立とサービスの開始)
1項 
利用者と甲との本サービスの利用に関する契約は、利用者が甲所定の方法で本サービスの利用を申し込み、利用者に「管理者ユーザー名」を発行した時点で承諾したものとし、利用契約が成立され、本規約の効力が発生するものとします
2項 
本サービスの利用起算月は前項 に基づき甲から通知したサービス開始日からとします。
3項 
本サービスの最低利用期間は、前項 の利用起算月より1年間とします。尚、利用者が、1年以内に本契約を解約する場合には、甲に対し、最低利用期間満了までの残りの利用料をお支払いいただきます。
4項 
本サービスの利用期間は、利用者が利用申し込みを行う際に定める期間(以下、「契約期間」という)とします。なお、期間満了月の前月20日までに利用者より書面による解約の意思表示が無い場合は、更に当該契約期間と同じ期間分延長するものとし、以後も同様とします。
第5条(承諾をおこなわない場合)
1項 
次の項 に掲げるいずれかの事由があるとき甲は、利用の申し込みなどに対し承諾をおこなわない場合があります。
 (1)申込者が甲に対して負担する債務の支払いを怠った場合
 (2)申込者が利用申し込みに際して甲に虚偽の事実を申告した場合
 (3)利用の目的が公序良俗に反するなど甲がサービスの運営上支障が
    あるものと判断した場合
2項 
前項の場合、甲は承諾をおこなわない旨を申込者に通知いたしません。
第6条(利用者の義務)
1項 
利用者は、甲から発行された「管理者ユーザー名」及びそれに付随するパスワードについて確認の上、第三者に知られないよう管理し、パスワードの盗用を防止する措置を利用者の責任において行うものとします。また、甲は、本サービス提供に関し、メール送信された「管理者ユーザー名」及びパスワードがいずれも利用者が登録したものである場合には利用者からの送信として取り扱うこととし不正利用や他の事故があっても、その為に生じた損害については一切責任を負わないものとします。
2項 
利用者は、申し込み時の内容及び甲の登録内容に変更または不備があった場合、直ちに正しい内容を甲に連絡をし、甲の提示する作業及び必要な書類の提出、必要な手数料などの支払いをおこなうものとします。
3項 
利用者が本サービスを利用するにあたり、CGIプログラム等甲が本サービスで提供するソフトウェア以外のソフトウェアやデータ等設置及び利用する場合、自己の責任において全ての作業を行いその一切の責任を負うものとします。
4項 
利用者は、オンラインショッピングサイトを運営しそのオンラインショップ内に会員登録された情報について、個人識別が可能な状態で第三者に提供してはならない。但し、次の各号に該当する場合は、会員情報を開示できるものとする
 (1)会員の同意を得た場合
 (2)法令等によって開示が要求された場合
 (3)甲の権利を守る必要がある場合。
 (4)その他の正当な事由があると甲が認めた場合
5項 
利用者が甲以外のサービスで利用又は管理するドメインで本サービスを利用する場合、利用者がドメインの登録情報を変更するものとします。ただし、利用者が甲の定めるドメインの管理に必要な権限と期間、情報を甲に提示することで、その管理代行業務を委託できるものとします。この場合、甲はドメイン情報を変更する手続きの遅延などの事由により利用者に生じた損害については一切の責任を負いません。
第7条(オンラインショッピングサイトの運営)
1項 
本契約は、オンラインショッピングサービスにおけるサイト構築に関してのみ規定するものであり、利用者によるサイトの運営、商品の販売その他をめぐる顧客(以下「顧客」といいます。)との間のトラブルに関し、甲は一切関与するものではありません。利用者は自己と顧客との間の上記トラブルについては一切の責を負うものとし、甲に迷惑をかけないものとします。
2項 
利用者は、サイト等の運営および商品の販売においては、特定商取引に関する法律をはじめとする諸法規、関連団体の自主規制その他を厳守するものとします
3項 
利用者は顧客その他サイト等の利用者に疑義を生じさせないよう、サイト等に次の各号の事項 を全て明示するものとします。
 (1)サイト等が利用者の名において運営・管理されている旨。
 (2)利用者の住所、商号又は名称、及び代表者の氏名。
 (3)利用者の問い合わせ窓口の部署名、同部署の責任者の氏名、
    電話番号及び電子メールアドレス。
 (4)商品の内容、引渡条件、販売価格、代金の支払条件及びその他の
    提供条件。
 (5)商品についての問い合わせ及び苦情対応は利用者が受け付ける旨。
 (6)商品の注文者又は販売先を日本国内に居住する者に限定する場合は、
    その旨。
4項 
利用者は、甲が当該商品の販売主体である、もしくは販売当事者として
関与している、又は出店が甲から代理権を授与されていると顧客が誤解するおそれのある表示を行なわないものとします。
5項 
甲は、利用者が本条に違反する行為を行なっているか、又は当該行為を行なうおそれがあると判断した場合、利用者に事前に通知することなく、オンラインショッピングサービスを中止し、あるいは本契約を催告通知等の手続きなくして
解除することができるものとします。
第8条(利用権譲渡・転売・再販の禁止)
甲の別途格別な合意がある場合を除き、利用者は本サービスの利用に関する権利を第三者に譲渡もしくは売買、名義変更、質権の設定その他の担保に
供する等の行為はできないものとします。また、利用者は甲の別途格別な合意がある場合を除き、第三者に対して本サービス及びその一部の商用利用を目的とした譲渡、レンタルなどの行為をおこなえないものとします。
第9条(インターネット環境における公的習慣の遵守)
1項 
利用者は、本サービスを利用に際して、スパムメールの発信禁止や不正アクセスの禁止、プライバシーや著作権侵害行為の禁止などインターネットの参加者間において確立される公的な習慣を遵守しなければなりません。
2項 
甲は、利用者が前項 に違反している又はその恐れがあるものと判断した場合は、利用者への事前に通知することなくサービス全体又はその一部を
停止及びデータの削除などをおこなえるものとします。
3項 
利用者は、各種ドメインの利用環境や接続環境及びサーバ機器の動作などに対し、その社会的、技術的変化、インターネット環境の変動、不確実性などを考慮した上で本サービスを利用するものとします。また、甲はこれらの不測の事由による障害が原因で利用者に発生した損害に対して一切の責任は負いません。
第10条(保証)
1項 
本サービスに関しては、明示、黙示を問わず甲による保証は一切与えられることがなく、提供される時点で有する状態でのみ提供されることとします。但し、日本の法律による適用がある保証で、その適用の排除ないし制限が認められないものについてはその限りではありません。
2項 
本サービスの利用(あるいは利用不能)に基づいて発生する特別損害、付随的損害、あるいは派生的損害、一例としてデータの喪失あるいは利益の喪失から生じる損害が挙げられますが、いかなる場合においても、誰に対しても、甲あるいは関連作業者が責任を負担することはありません。
3項 
利用者が本サービスを利用することにより第三者に対して損害を与えた場合、当該利用者は自己の責任により解決するものとし、甲には一切の損害を与えないものとします。
4項 
利用者が第18条(禁止行為)の各号のいずれかに該当することにより、甲が損害を被った場合、甲が該当利用者の本サービスを解除したか否かにかかわらず当該利用者は甲に対して損害賠償の義務を負うものとします。
5項 
前項 の規定は、利用者が、第18条(禁止行為)の各号に該当した場合、その時点で当該法人およびその他の団体に所属しているか否かに関わらず、甲が提供する全ての本サービスのいずれかの利用に起因する場合は、当該所属法人または当該団体の代表者がその損害賠償の義務を負うものとします。
6項 
甲は、オンラインショッピングサービス又はオンラインショッピングサイトの運営に関連して発生した利用者のいかなる損害(逸失利益、オンラインショッピング等の利用者又は第三者から利用者に対して為された損害賠償請求等に基づく損害を含みます。以下同じとします。)について、一切の責任を負わないものとします。
7項 
甲は、オンラインショッピングサービスの運営に遅延、停止(第20条(サービスの停止)を含みますが、これに限りません)が生じ、それに関連して発生した利用者のいかなる損害について、一切の責任を負わないものとします。
8項 
甲は、利用者に対し、オンラインショッピングサイト等へのアクセス数、収益性等オンラインショッピングサイト等の運営に関し、何らの保証もしないものとします。
9項 
甲は、利用者とその顧客の間の紛争に一切関知しないものとし、利用者が自己の費用と責任で当該紛争を解決するものとします。
第11条(変更の届出)
1項 
利用者は本サービスの利用中に申し込み届出事項 に変更があった場合には、直ちに変更の内容を甲に連絡をし、甲の提示する作業及び必要な書類の提出、手数料の支払いなどをおこなうものとします。
2項 
本条に定める変更の届出がなかったことで利用者が不利益を被ったとしても、甲は一切その責任を負いません。
第12条(法令の遵守)
利用者は、本サービス及び一切の「第三者提供物」の利用に関し適用される全ての法規(日本法に限らず、関係する諸外国の法規も含みます)を遵守しなければなりません。利用者は、インターネット関連の資源の適切な利用に関する一般に公正と認められる規則を遵守するものとし、本サービス及び一切の「第三者提供物」上で、以下の行為をおこなってはならないものとします。甲が以下の項 目に該当すると判断した場合、利用者に通知することなく、一時的に本サービスを停止し、掲載された情報を削除することができるものとします。あるいは全ての本サービスの提供の停止および利用契約を解除して終了させることができるものとします。
1項 
他人の著作物を著作者に許可なく、無断で使用すること。
2項 
第三者に虚偽の情報を以って不利益をもたらすこと。
3項 
誹謗、中傷、犯罪に関わる事柄、猥褻、第三者のプライバシーを侵害する事柄等公序良俗に反する情報を掲載すること。
4項 
風俗、アダルトに関する情報、性的小説、裸の画像、その他未成年者や青少年に対し有害と思われる情報を流したとき、またはそれに類するかあるいは不適当と甲が判断した情報を流したとき。
5項 
利用者がオンラインショッピングサービスを運営する際、通信販売法を含む関係法令に反すると判断される行為をすること。
6項 
その他、法律に反すると判断される行為をすること。
第13条(料金等)
1項 
本サービスの利用料金は以下の項 目からなります。
 (1)初期費用
    利用者が本サービスを利用するにあたって支払う加入料を含む一時金で
    甲が提供する各サービス種別で定める細目からなります。
 (2)月額利用料
    利用者が本サービス利用の対価として支払う料金で、甲が提供する
    各サービス種別で定める細目からなります。
 (3)ドメイン更新費
    甲が、利用者の使用するドメイン管理者を代行することへの対価として
    支払う料金で、甲が提供する各サービス種別で定める細目からなり、
    甲所定の登録事業者などへのドメインの維持に必要な支払料金が
    含まれます。
2項 
利用者は、甲が指定する支払期限までに甲指定の方法で前項に定める
本サービスの利用料金を支払うものとします。
第14条(違約金)
利用者は第4条第3項 に定める最低利用期間中に本サービスの利用契約を解除する場合、第4条第3項 尚書記載の利用料を違約金として甲に支払うものとします。
第15条(契約の解除)
1項 
利用者は、利用契約を解除しようとする月の前月の20日までに甲に対し、所定の方法にて事前に通知することにより、利用契約を解除することができるものとします。
2項 
前項に基づく利用契約を解除の場合、当該解除の効力は、当該通知があった月の翌月末日を以って生じるものとします。
第16条(解約の効果)
1項 
利用者が前条(契約の解除)により本契約を解除した場合および甲が本規約第17条(利用の停止、終了)に従って本サービスの利用を停止した場合又は本契約を解除した場合、利用者は、蓄積された全てのデータに対するアクセスの権利を失い、甲は、その該当利用者に対していかなる場合であれそれらデータあるいはそのコピーを利用させる義務を負いません。いかなる理由にせよ利用契約が解除された場合、甲は、設備内に蓄積された利用者のデータを事前通告なしに完全に消去できるものとします。
2項 
利用者の責任及び利用者に対する制限の全てに関する各条項 は本サービス利用の終了後も継続して完全な効力を維持するものとし、利用者は本サービス利用期間及び期間経過後を問わず本規約違反、制限違反により被った甲の一切の損害を賠償するものとします。
第17条(利用の停止、終了)
1項 
甲が利用者の行為が以下項 目に該当すると判断した場合、甲は利用者の本サービスに対する全てのアクセス及び利用を、事前に通知することなく、かかる違反状態が解消するまで状況に応じ一時停止又は禁止若しくは本契約を解除して本契約を終了させることができるものとします。
 (1)利用者が、本サービス利用料金、その他甲に対する支払いを1回でも遅延
    した場合または支払を拒否した場合。
 (2)本サービス申し込み時に虚偽の申告をした場合。
 (3)本規約の何れかの条項 に違反した場合。
 (4)甲の利益に反する行為をした場合。
 (5)本規約第11条(変更の届出)に違反する場合。
 (6)本規約第12条(法令の遵守)に違反する場合。
 (7)甲の本サービスの業務遂行上支障を及ぼすと認められる場合。
 (8)利用者または契約者が、その振り出した手形が不渡になった場合、
    破産、民事再生、会社整理、会社更生等の申立を受け、あるいは申立を
    した場合。
 (9)その他甲が利用者として不適当と判断した場合。
2項 
本サービスを解除された利用者がサービス利用の地位を回復するためには、利用者はそれらの事由の発生により甲が被った一切の損害を賠償し、新たに初期登録にかかる料金の支払いが必要になるものとします。
第18条(禁止行為)
本サービスで提供するサーバ利用に関し、以下に定める行為を禁止します。
1項 
甲のサーバのシステムに関する情報を外部に送出する行為。
2項 
甲のサーバの機能を停止させるような行為。
3項 
甲のサーバを共有する他の利用者の利用を妨げる行為。
4項 
甲のサーバを他のサーバの不正アクセス等に利用する行為。
5項 
その他甲が不適当と判断するもの。
第19条(情報の取扱)
1項 
利用者は権利者の許諾を得ないで、いかなる方法においても、本サービスを
通じて提供されるいかなる情報も、著作権法で定める私的使用の範囲外の使用をすることはできません。
2項 
利用者は権利者の許諾を得ないで、いかなる方法においても、本サービスを
通じて提供されるいかなる情報も使用させたり、公開させたりすることはできません。
3項 
本条の規定に違反して問題が発生した場合、利用者は、自己の費用と責任で
解決するものとし、甲に何等の迷惑または損害を与えないものとします。
第20条(サービスの停止)
1項 
次に該当する場合には、甲の判断により利用者に事前に通告することなく、
本サービスの運用の全部または一部を停止することができるものとします。
 (1)天災、事変、その他の非常事態が発生し、または発生するおそれが
    あり、損害回避処置を取る場合。
 (2)設備の保守上または工事上や障害その他やむを得ない事由が生じた
    場合。
 (3)法令による規制、司法命令等が適用された場合。
 (4)甲は前項 に基づく本サービスの提供の停止又は中止によって生じた
    利用者の障害につき一切責任を負わないものとします。
第21条(免責)
1項 
甲は、次の各号に掲げるいずれかの事由により利用者または第三者に対して発生した損害に対し、甲の過失の有無やその程度にかかわらず一切責任をも負わないものとします。
 (1)利用者または第三者が甲のサーバに転送または保存、蓄積したデータの
    すべてもしくはその一部が何らかの原因により滅失、毀損又は外部に
    漏れた場合。
 (2)利用者または第三者が甲のサーバに接続又は転送などが出来ない
    又は困難になってしまった場合。
 (3)利用者が甲のサーバを利用する際に使うドメインの登録情報又は
    ドメインを運営、管理する団体及び個人が行う作業の遅れ又は過失、
    インターネット環境の不確実性などの理由により発生する不具合がでた
    場合。
2項 
甲は、前項 の各号に掲げる事由によるもの以外に本サービスで利用者又は
第三者に生じた損害及び本サービスに関連して利用者又は第三者に生じた
障害について、当社の過失の有無や程度にかかわらず一切の責任を負わないものとします。
第22条(契約者の死亡)
契約者が死亡した場合、本契約は当然に終了するものとします。契約者の相続人等の承継者が本サービスを引継ぎ継続したい場合には、承継者は、甲と新たに本サービスの利用契約を締結するものとします。尚、ドメインの承認手続は、新契約締結後、甲が新契約者を代行し行うものとします。
第23条(準拠法)
本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては日本国法が適用されるものとします。
第24条(合意管轄)
本規約に関して紛争が生じた場合、甲本社所在地を管轄する地方裁判所又は簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
(附則)本規約は2003年10月1日より、実施する